消費者金融と銀行で異なる収入証明不要のキャッシング

消費者金融のキャッシングでは50万円以下、
銀行であれば100~200万円などを基準に審査において収入証明不要としています。

この収入証明不要のキャッシングにおいては
総量規制の基準を知っておくことが大切です。
総量規制では1社で50万円を超える申し込み、あるいは他社と合わせて
100万円を超える貸し付け残高がある中での利用にあたっては
収入証明書の提出が求められます。

これは年収の3分の1以内の利用であっても必要となるものです。
特に総量規制は消費者金融とクレジットカードのキャッシングを
合わせた金額となることもあり、1社で50万円以下の申し込みでも
収入証明書が必要となることがあります。

銀行カードローンの場合は小口融資の場合収入証明が不要な場合が多い

銀行のカードローンはこの限りではなく、100~200万円で収入証明不要としています。
また、消費者金融の利用で50万円以下のケースは収入証明不要がほとんどですが、
代わりに保険証の提出を求められることがあります。

保険証は直接、収入を証明するものではありませんが、
社会保険に加入しているのであれば正社員などで雇用されていることでもあり、
安定した収入イコール与信の高さにつながります。
収入を証明するものとしては給与明細書や源泉徴収票などがあり、
いずれも最新のものであることが条件です。
長期に利用している場合では3年を目安に収入証明書が必要となることもあり、
契約の更新時に求められることがあります。
収入証明不要は消費者金融と銀行の間の違い、
総量規制の基準に注意する必要があります。